2004年からそば好きの仲間が妙高山麓に集まってそばを作っています。時々、東京でそば打ち会を開いてワイワイガヤガヤやってます。 連絡先:yodak1jp@yahoo.co.jp


by sobabatake
この4月に誕生した「妙高市」から、お便りします。
いよいよ「NPO体験学習支援センター」のみなさんと地域住民とが力を合わせて「坪山そばオーナー」が立ち上がります。
「妙高」「火打」「高妻」と百名山が、三つも望めるこの地は、「ウサギ追いし、かの山・・・」の作詞者 高野辰之先生の「ふるさと」の斑尾山の新潟県側のまさに「日本のふるさと」の原風景が残っている所です。

そば畑での作業の合間に、地図にない40m級の「幻の大滝」へのハイキングや初夏にオープンする全長70kmに及ぶ関田山系の「信越トレイル」、70haのブナ林を始め、地元の人たちが運営する温泉「大滝荘」や「深山の里」も楽しめます。ちょっと足を伸ばせば赤倉や燕の妙高高原温泉郷や夕陽の沈む日本海も・・・。

これから、少しずつ四季折々の「感動の生命地域 妙高山麓」の魅力をこのブログを通じてお知らせしてまいります。 よろしくお願いします。                   
                          妙高山麓 現地特派員 HIRO

d0039838_7233738.jpg
d0039838_7242239.jpg

                          
[PR]
# by sobabatake | 2005-05-04 07:35 | 妙高市の地域情報
今日も旧妙高村の大洞原(だいどうはら)で「ふるさと体験フェスタ」が
そして旧新井の清水とスゲ細工の里平丸で「山幸(さんさい)まつり」が
行われました。
好天に恵まれ、いずれも多くの人出があり、平丸では用意した山ウドや
お蕎麦が瞬く間になくなってしまいました。
明日は大洞原の2日目と長沢の山菜・そぱまつりです。
たくさんの人が訪れてくれることを祈ります。
(2005・05・03 妙高市山麓振興室)
d0039838_7124822.jpg

[PR]
# by sobabatake | 2005-05-04 07:15 | 妙高市の地域情報

棚田祭り

4月29日、畑近くの棚田の家で、山菜のてんぷらを添え物に手打ちそばを楽しんだ。
と、言っても自分でやったわけでなく、地元の名人が打ってくれたそばを食べる役目だった。
山菜は、この近くにふんだんにあるとのこと、ウドがちょうど出始めた。
今年の秋に取れる、自分で作ったそば粉で、手打ちできるのが楽しみだ。
d0039838_11303399.jpg

[PR]
# by sobabatake | 2005-05-03 11:36 | 手打ちそば
4月28日、29日に現地を訪問。
妙高市・山麓振興室長の池田弘さんに現地を案内してもらった。
棚田のきれいなところで、景色が素晴らしい。
約400坪の畑(下の写真)を、この地区にお住まいの池田本八さんと、池田紀男さんが収穫まで面倒を見てくれることになった。
年間の作業予定を打合せ、天候次第で多少ずれることがあるかもしれないがほぼ次のとおりに決まった。さあ!いよいよ開始ですよ。

①6月11日(土)~12日(日) 地域の下見と山菜を楽しむ顔合わせ。12日は現地の春祭。
②8月6日(土)~7日(日) 種まき、6日は新井祭りが楽しめる。
③9月17日(土)~18日(日) そばの花を見て成長を確かめ、手打ちそばを楽しみます。
④10月中旬~下旬 刈り取り、乾燥(天候と実り具合を確かめながら日にちを調整します)
⑤11月12日(土)~13日(日) 新そば祭り・手打ちそば教室と、新そばを味わいます。

年会費費は、お一人10,000円(体験学習支援センター会員は8,000円)で、そばの種、畑の維持費、そば粉2Kg、手打ち新そば、保険料、宿泊割引、温泉割引等が含まれます。
お申込み、お問い合わせは、yodak1jp@yahoo.co.jp
にお願いいたします。
(NPO法人体験学習支援センター事務局:依田敬一)
d0039838_1443651.jpg

[PR]
# by sobabatake | 2005-05-02 15:08 | スケジュール