2004年からそば好きの仲間が妙高山麓に集まってそばを作っています。時々、東京でそば打ち会を開いてワイワイガヤガヤやってます。 連絡先:yodak1jp@yahoo.co.jp


by sobabatake

カテゴリ:畑の様子( 58 )

昨日(5.24)大滝荘へ行く用事があったので、帰りに坪山のジャガイモ畑を覗いてきました。
順調に育っているように見受けられました。そろそろ土寄せが必要かもしれません。
妙高の各地では、田植えもほぼ終わりに近づき、山菜も山ウドは大きくなり、竹の子が盛りというところでしょうか。
来週のみなさまのお越しを、動きが活発となった大滝荘裏の「クロメダカ」とともにお待ちしています。

                  現地リポーター HIRO
d0039838_10363576.jpg

[PR]
by sobabatake | 2007-05-25 16:35 | 畑の様子

そろそろ雪景色

d0039838_1755135.jpgいつもソバ畑の作業の時に遠方に見える長野県境の鍋倉山・黒倉山もうっすらと雪化粧をしました。斑尾高原から牧峠までの70kmに及ぶ「信越トレイル」も来春の雪解けまでしばらく閉鎖となります。

NPOのソバ刈隊が帰った後、紀男さんらが元の水原小学校の体育館に干してくれてあったソバの後処理に依田さんと加藤さんがチャレンジしました。
干してあったソバの実をフルイにかけて茎や葉を取り除く作業です。朝からお昼まで頑張られたようです。

昼過ぎに市役所で横尾助役と面会し、妙高市と交流のあるスイスのツェルマットの村長さんを訪れた際の様子を報告し、その後ソバ談義に花が咲きました。次回のみなさんの会合には助役さんの姿も見えるかも・・・・。

        現地リポーター HIROd0039838_1771819.jpg
[PR]
by sobabatake | 2006-11-15 17:13 | 畑の様子

ちょっと安すぎません。

d0039838_6362245.jpg妙高山麓は朝晩、随分と涼しくなってきました。
昨日(8.23)大滝荘を訪れると、玄関の直売テントに「大滝荘畑産の野菜」が並んでいました。
ナス1個10円、キュウリ1本10円、スーパーでの値段はよくわかりませんが、ナスは3個で150円~200円くらいでしょうか。チョッと安すぎますよね。あの地域の人たちの欲のなさがわかるプライスカードでした。

ソバ畑も順調です。一日目の最後の方に蒔いた「本八さん」側は、疲れから?か発芽状況がよくなかったようで、一昨日、一部紀男さんが蒔きなおしをしてくれたそうです。
あの日一緒に作業していた下側の畑の機械蒔きのグループのものは、悲しいほどに発芽していない状態です。カボチャも数は期待できないものの順調に育っています。サツマイモは芋の様子は確認できませんが、葦にも負けずに茎を伸ばしています。 HIRO
[PR]
by sobabatake | 2006-08-24 06:39 | 畑の様子

お盆のソバ畑

d0039838_917520.jpg今日は田舎のお墓参りの日です。今朝のソバ畑の様子です。昨日も丁度の湿り(雨)があり生育は順調です。カボチャもたくさん花をつけて、お盆と言うのに働き者の蜂たちに受粉のお世話になっています。サツマイモも草取りのおかげで、勢いを取り戻した様子です。  

12日には、大滝荘の裏のカヤ藪となった田んぼを畑に直し、ボランティアと地元の人たちでソバ蒔きをしました。文字どおり「疾風迅雷」の天気に、地元の岡田芳正さんがメーカーとともに開発した秘密兵器の「ソバの種蒔き機」が大活躍でした。  HIRO
d0039838_9224310.jpg
d0039838_819678.jpg






d0039838_8305729.jpg

[PR]
by sobabatake | 2006-08-13 09:26 | 畑の様子
d0039838_73091.jpg先週土曜日(8月5日)に蒔いたばかりのソバがもう発芽し始めました。
翌日蒔いたジャガイモ畑のところもしっかりと芽が出ています。
d0039838_7474610.jpgなんという生命力でしょう。

種蒔きの様子が「まち・むらネット北陸」(北陸農政局編)にも取り上げられています。
地元の「上越タイムス」にも載りました。
まち・むらネット北陸 
http://www.machi-mura.net/topics.html#180807-1
新ジャガおいしかったですか? 現地リポーター  HIRO 
[PR]
by sobabatake | 2006-08-11 07:39 | 畑の様子

朝市の準備?

d0039838_833342.jpg朝市の通りではありません。体験学習支援センターの会員が5月の連休明けに植えたジャガイモの掘り起こし風景の一端です。地元池田紀夫さん、池田本八さんのご指導よろしく大収穫でした。
早速ゆでた新じゃがはホクホクとこの上ない美味しさでした。
掘り起こしの跡地にそばの種をまいて10月中旬の取入れを待つこととなり、また大きな楽しみが増えました。そば畑はおおむね400坪あります。10月の収穫には大勢で出かけましょう。そば畑体験オーナー以外の方も大歓迎です。お気軽にお声をかけてください。
事務局:依田敬一
[PR]
by sobabatake | 2006-08-08 08:38 | 畑の様子
d0039838_16411135.jpg久しぶりに坪山へ行く機会がありましたので、体験圃場へ寄ってきました。
ジャガイモ畑は、すでに花も落ち多分、土の中では芋がドンドン大きくなっていることでしょう。
梅雨というのにずっと雨が降らなかったので、カボチャやサツマイモはちょっと弱っちい感じでしたが、先日来の恵みの雨で息を吹き返してくれることでしょう。
カボチャは実を付けているものもありました。隣のライターを見ないようにすれば、もう一丁前の感じです。
ソバ畑は、昨年の落種で一面白い花畑となっています。でも夏ソバは実がならないと聞いていますので収穫は期待しないでください。

今朝の「上越タイムス」に、依田さんの書かれた「森とソバ畑が社交場」と題するコラムが載り、妙高市とのなり染めや現在の活動状況が詳しく紹介されました。   現地リポーター HIRO
[PR]
by sobabatake | 2006-07-03 16:44 | 畑の様子
d0039838_714450.jpg6月17日、東京から9名が参加して畑の整備とサツマイモとかぼちゃの植え付けをした。5月初旬に植えたジャガイモが大きく成長しきれいな花をつけていた。(下の写真) 7月末には収穫できる。予定では200Kgの収穫だ。そばの畑の1段下を整備してもらい、サツマイモとかぼちゃの植え付けをした。作業中降らずにいてくれた雨が夕方から降り出して丁度良い恵みの雨となった。d0039838_7215016.jpg 
次に妙高を訪れるのは8月5日の予定だ。いよいよそばの種まきをする。今年も美味しい蕎麦の実を付けてほしい。
(事務局:依田敬一)
[PR]
by sobabatake | 2006-06-23 07:18 | 畑の様子
d0039838_77329.jpg早いものでジャガイモ植えから2週間がたとうとしています。
雪消えの遅かった南部でも田植えがそろそろと始まっています。

今朝(5月19日 5時30分過ぎ)の坪山の畑の様子をお送りします。
緑の濃いジャガイモの葉がドンドン出始めました。
d0039838_795052.jpgこれからどう育っていくか。楽しみですね。
白いジャガイモの花知っていますか?なかなかきれいですよ。

次回、サツマイモとかぼちゃ植えお待ちしています。 現地リポーター HIRO
[PR]
by sobabatake | 2006-05-19 07:13 | 畑の様子
d0039838_1841375.jpg今年の活動の第一弾 じゃがいもの植え付けが今日(5/7)に行われました。
昨夜の雨で、準備していた畑が使えずに、急遽昨年カボチャとサツマイモを植えた畑を耕運しじゃがいも畑を作りました。
芽出しをしておいてもらったジャガイモ195個を芽を欠かないようにそっと土の中から掘り出し、耕したばかりの畑に30cm間隔に植え、牛フンや化成肥料をその間に入れ、鍬で土を戻す作業。こう書くといかにも簡単そうに聞こえるが「芽を上に向けて置いて」という本八師匠の指導にも関わらずやり直しのものも・・・・。
d0039838_18483991.jpgこの後、芽が地上に出てきて10cm位になったら土を寄せて、混みすぎているところは間引き、7月下旬には200kgのおいしいジャガイモを収穫する予定です。
「昔は食うモンがなかったんで田の草取りの頃に、大きいのだけ採っておやつにしたもんだわね」という本八さんの話も聞かれました。
じゃがいも植えと並行して、紀男さんが冬の間に作っておいてくれた「NPOの体験ほ場」の証しの建て込みも行われました。2.5mほどの杉の丸太で造った標柱を埋める穴を手作業で掘り、粘土質のスコップと仲良くなる土に悪戦苦闘。雪で傾かないよう70cm位掘りみんなで担いでまっすぐに建てました。

草取りなどしっかりとして「NPO法人 体験学習支援センター 妙高市坪山圃場」の看板に恥じない立派な畑にしてください。 このあとカボチャとさつまいも植え、そばの種蒔きなどなど作業予定はぎっしりです。      現地速報 by HIRO
d0039838_18442421.jpg

[PR]
by sobabatake | 2006-05-07 19:05 | 畑の様子