2004年からそば好きの仲間が妙高山麓に集まってそばを作っています。時々、東京でそば打ち会を開いてワイワイガヤガヤやってます。 連絡先:yodak1jp@yahoo.co.jp


by sobabatake

カテゴリ:妙高市の地域情報( 134 )

野山の緑は新鮮です。

妙高山の雪形の「はね馬」も姿を消し、近くの山々の緑は一層新鮮さを増してきました。
山ウドなどの山菜も盛りとなり、六と十の付く日に開かれる朝市を賑わしています。
もうじき棚田の田植えも始まります。

そばオーナーの皆様がお見えになる6月12日頃は、ウツギの花も盛りとなり、竹の子(根曲がり竹)も出ているでしょう。  お待ちしています。         
                  妙高市 特派員  HIRO d0039838_2234426.jpg
[PR]
by sobabatake | 2005-05-18 22:42 | 妙高市の地域情報
d0039838_19434257.jpg
妙高市に日帰りで作業に出かけるのは正直つらいし、時間的に難しい。
と、言うよりも折角妙高に出かけて日帰りすることのほうがもったいない。
そこで、スタッフが現地で何通りか考えて見て回ったが、一番のお勧めは、公営の「大滝荘」。
2003年に出来上がったばかりのきれいな建物で、温泉あり、美味しい食事が2食ついて6,500円なりの大変リーズナブルなところ。
一汗かいて、温泉でくつろげば疲れも吹き飛びます。
夜空は満天の星が眺められ都会では味わえない景色が楽しめますよ。
その他の施設、各種バリエーションを追々お話します。
大滝荘へリンク
[PR]
by sobabatake | 2005-05-08 19:44 | 妙高市の地域情報
この4月に誕生した「妙高市」から、お便りします。
いよいよ「NPO体験学習支援センター」のみなさんと地域住民とが力を合わせて「坪山そばオーナー」が立ち上がります。
「妙高」「火打」「高妻」と百名山が、三つも望めるこの地は、「ウサギ追いし、かの山・・・」の作詞者 高野辰之先生の「ふるさと」の斑尾山の新潟県側のまさに「日本のふるさと」の原風景が残っている所です。

そば畑での作業の合間に、地図にない40m級の「幻の大滝」へのハイキングや初夏にオープンする全長70kmに及ぶ関田山系の「信越トレイル」、70haのブナ林を始め、地元の人たちが運営する温泉「大滝荘」や「深山の里」も楽しめます。ちょっと足を伸ばせば赤倉や燕の妙高高原温泉郷や夕陽の沈む日本海も・・・。

これから、少しずつ四季折々の「感動の生命地域 妙高山麓」の魅力をこのブログを通じてお知らせしてまいります。 よろしくお願いします。                   
                          妙高山麓 現地特派員 HIRO

d0039838_7233738.jpg
d0039838_7242239.jpg

                          
[PR]
by sobabatake | 2005-05-04 07:35 | 妙高市の地域情報
今日も旧妙高村の大洞原(だいどうはら)で「ふるさと体験フェスタ」が
そして旧新井の清水とスゲ細工の里平丸で「山幸(さんさい)まつり」が
行われました。
好天に恵まれ、いずれも多くの人出があり、平丸では用意した山ウドや
お蕎麦が瞬く間になくなってしまいました。
明日は大洞原の2日目と長沢の山菜・そぱまつりです。
たくさんの人が訪れてくれることを祈ります。
(2005・05・03 妙高市山麓振興室)
d0039838_7124822.jpg

[PR]
by sobabatake | 2005-05-04 07:15 | 妙高市の地域情報